ウォーターサーバーと浄水器

ウォーターサーバーという選択肢と、浄水器という選択があります。ウォーターサーバーと、浄水器を同じものと思っている人もいるので、まずは違いをしっかり理解しておきましょう。美味しいお水を飲むことができるようにするという意味では、ウォーターサーバーも浄水器も、同じ目的を持っています。しかし、扱われる水の種類や使い勝手には、大きな違いがあります。

ウォーターサーバーでは、天然水などを飲むことができます。天然水を導入することで、より高いレベルでの健康管理を追求することが可能です。浄水器の場合は、水道に取り付けることが一般的な方法です。基本は水道の水を利用することにあり、その延長線上に存在しているものです。

そして、ウォーターサーバーでは、冷えた水やお湯を利用することができますが、浄水器では、そのようなことはなかなか難しくなっています。さらに、浄水器は基本的に塩素を除去する役割のものですが、他の不純物までをも取り除くことは難しいといわれています。ウォーターサーバーならば、0.0001ミクロンの不純物をも除去することができるので、いつでも安心して利用をすることができます。どちらも衛生的には安全な方法ですが、より安全なのはウォーターサーバーといえそうです。